読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、照れます!

照れたら書き、書いたら照れる。三十超えて頬を赤らめ、ひとりゆく。上平格子の「照論文 」

口癖注意

 『案件』『電通』『王様のブランチで紹介しもらえば一発』『ロスでいま流行ってるんだよね』『あれは◯◯の△△さんって人が日本に持って来たんだけどさ』『ところで、お前シャンプーってなに使ってる?』

 

 これらの言葉を口癖のようによく言うラメの刺繍が入ったキャップを被りがちでしょっちゅう誰かしらと電話で話しているレスラー体型の知人がかつていました。

 

 『こないだ十番で飲んでてさ〜』『十番で知り合いが創作和食の店やってるんだけどさ〜』『六本木もいいけど、結局十番に流れるよね』と、麻布十番のことをそう言う彼はいま、番号で呼ばれているそうです。さいたま市のかんかん照りの路上で捕まったそうです。

 

 

 

 

 

東京にいる西日本出身の人

 東京では方言を話し、帰郷すればその地方都市で標準語を話す人。

 

 自分の標準語につられて少し標準語入った喋りをした地元の友達に対する指摘が辛辣な人。

 

 中四国出身で、それも、兵庫県に隣接していないのに、東京に来ると、「西」の感をおそらくは強めたくて関西弁混じりで喋ってる人。それでいて関西出身の人がいる時はきっちり標準語で喋る人。

 

 東京にいる時は「自分は西の人間」であることをアピールするくせに、帰郷すれば「自分はいまや東の人間」であることをアピールする人(うどんやそば、醤油等で)。

 

 北関東から上京するのと、西から上京するのとでは、ちょっとわけがちがうと北関東出身の人に熱弁をふるってしまう人。

 

 なんだかんだ、毎朝西の天気予報も見て、雨ざまあみろと毒づく人。

 

 地元の同級生の結婚式の案内が来て、「呼ぶなら交通費出して欲しいわぁ。東京だよ〜」と声が大きい人。

 

 書店に行くたび、るるぶで地元のを見る人。

 

 自分の出身県のアンテナショップに行くたびに文句を言い、テンションが上がってしまっている人。 

 

「西」であることのほうが、東京の女性にはモテると思っている人。

 

 

 西って、まぶしい!

 

 

 

 

 

彼女のことを

「俺、最近オンナできてさ〜」

 うそつけ。

「早く帰んないとオンナがうるせえのよ〜」

 はよ帰れ。

「俺のオンナじゃなくなったよ。せいせいしたわ〜」

 フラれとるやないか。

 

 たいがい、ガタイのいい、自称音楽好きの、違法DLしまくりで、DJやろうかなみたいな妄言をぶっ放す、常にAir Macを黒いリュックに入れて、スアホはアンドロイドにこだわりがあり、スタバではドリップのショートしか飲まず、頼めず、マグカップで、フリーWiFiよろしく、四月入った途端に半ズボン(スウェット地)にTシャツ小さめで十五万くらいする自転車乗って、でも、チャリってくだけた言い方する、ドラムのことを太鼓とあえてのカジュアルダウン換言方式勢い止まらず、鍵盤、弦、歌うたいにほんとはないりたいなどと、安全装置ぶらんぶらんで乱射する、ヒゲとツーブロックのデザインは自分でバリカン山勘えりあし雑の、三十過ぎの、愛読書日経トレンディ及びSPA男が、「俺のオンナがさ」って言うね。これ照れるんだわ。カラオケは本当にうまかったりする。でも聴いてらんない。上手い下手、歌い方ではなく、選曲の問題。「ラバーズアゲイン」何回歌うんや。

 

 

 

 

 

女性演歌歌手の私服の

 かつて見たことない刺繍の入ったジーパンに。

 黒のショートブーツに。

 スワロフスキーをあしらったジャージに。

 洋服大好きなんですというコメントに。

 

 

 

 

 

メジャーリーグ球団の名称

 2017年なわけだけれど、21世紀で、平成も終わって新しい元号になりますよってな話もあるのに、いまだに新聞記事で——。

 

 

 『米大リーグ……』

 

 マ軍は〜

 

 (※マリナーズのこと)

 

 ヤ軍は〜

 

 (※ヤンキースのこと)

 

 ド軍は〜

 

 (※ドジャースのこと)

 

 

 

 このシステムを最初に編み出した人に乾杯。この国の先人たちの頭と技術に感謝。 

 

 しかし「軍」て。

 とはいえ、「ヤ団」でも「ドチ」でも「マ組」でもおかしい。

 やはり「軍」だ。

 

 昭和レトロに照れる。

 

 

 

 

 

 

野球選手

 

 打っても投げてもかっこいい。

 ユニホーム姿はかっこいい。

 私服がちょっと……

 

 大きくてかっこいい。

 いるだけでかっこいい。

 私服のベルトのバックルの存在感……

 

 微笑んでかっこいい。

 輝いていてかっこいい。

 私服のTシャツにラメ、キャップにラメ………

 

 球種多いのかっこいい

 左右に打ち分けられるのかっこいい

 私服はドルチェ&ガッバーナ、一本な傾向にある気が……

 

 首が太いのかっこいい

 戦力外になってもかっこいい

 試合中も試合中じゃなくても………ネックレス………………

 

 でも、フルスイングかっこいい!

 でも、ネックレスも大ぶり……

 

 でも、大好き野球選手。輝きは永遠!

 

 

 

 

 

 

ヤフコメ

 「〜だと思う方はクリック」

 

 

 コメント欄にこんな言葉を見つけたとき、ぼくは恋をはじめて知ったときのような気持ちになった。頬が燃えるように熱くなるんだ。みんなの気持ちをどちらなのか二つに分ける。人の指を扇動する言葉。親指が上に、親指が下に。みんなの気持ちのぶんだけ数字が積み上げられている。文字の主に思わず叫んだよ。届け、ぼくの気持ち。

 

 

 「君はだれなんだい」