読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それ、照れます!

照れたら書き、書いたら照れる。三十超えて頬を赤らめ、ひとりゆく。上平格子の「照論文 」

飲食店で照れる

安い寿司の食べ方

百円くらいの安い回転寿司を手で食べる五、六十代の重厚感のあるおじさんって、見ているとなんだか……。 食べ物を手で食べるという行為って、もちろん物にもよるけれども、なんだか美味しく感じる効果があるように思えるし、そもそも寿司をつまむのは自然なこ…

あの人の名札

居酒屋さんでよく見かける従業員の方の名札。それぞれに個性的なデザインをあしらって、自分の名前を客に売る。といっても、別に客に自分のことを覚えてもらおうなどと純粋に考えている人は皆無だろう。決まりだからやっているだけのことなのだ。なにが嬉し…

飲むところ。あるいは、彼の数字。

からあげが名物だという居酒屋で友人と二人で酒を飲んでいた日のこと。隣の四人掛けのテーブルに、案内された三人組の若い男たちがやってきた。それぞれが勢い良く、煙草、ライター、スマートフォンを置きバタバタと音を立てる。座るなり、ひとりが向かいの…

まぐろちょうだい

握る人がカウンターの中にいるタイプの回転寿司店。 僕はどうも注文に手間取る。 「さあさあ、どんどんお声掛けくださいねェ」と威勢の良い声が轟いても、その人が何かを握っていたり、注文を受けていたりして、「カンパチぃ、イクラぁ、あァい」などと返事…