それ、照れます!

照れたら書き、書いたら照れる。三十超えて頬を赤らめ、ひとりゆく。筆者は格子「照論文 」

彼女のことを

「俺、最近オンナできてさ〜」

 うそつけ。

「早く帰んないとオンナがうるせえのよ〜」

 はよ帰れ。

「俺のオンナじゃなくなったよ。せいせいしたわ〜」

 フラれとるやないか。

 

 たいがい、ガタイのいい、自称音楽好きの、違法DLしまくりで、DJやろうかなみたいな妄言をぶっ放す、常にAir Macを黒いリュックに入れて、スアホはアンドロイドにこだわりがあり、スタバではドリップのショートしか飲まず、頼めず、マグカップで、フリーWiFiよろしく、四月入った途端に半ズボン(スウェット地)にTシャツ小さめで十五万くらいする自転車乗って、でも、チャリってくだけた言い方する、ドラムのことを太鼓とあえてのカジュアルダウン換言方式勢い止まらず、鍵盤、弦、歌うたいにほんとはないりたいなどと、安全装置ぶらんぶらんで乱射する、ヒゲとツーブロックのデザインは自分でバリカン山勘えりあし雑の、三十過ぎの、愛読書日経トレンディ及びSPA男が、「俺のオンナがさ」って言うね。これ照れるんだわ。カラオケは本当にうまかったりする。でも聴いてらんない。上手い下手、歌い方ではなく、選曲の問題。「ラバーズアゲイン」何回歌うんや。